会計.net

株式会社は法人向けの会計ソフトを利用する必要があります

会計ソフトの選び方

婦人

会計ソフトを選ぶには

会計ソフトは大きく分けて2つの種類があって、個人事業主向けのソフトと、法人向けソフトがあります。株式会社であれば課せられる税金が法人税となるので、個人とは異なります。かならず法人向けソフトを選ぶようにしましょう。

顧問税理士とシステムを合わせる

「会計ソフトを導入したいが、どれを導入すればいいか分からない」といった場合には、顧問契約をしている税理士事務所と同じ会計ソフトを利用してはいかがでしょうか。データの共有がしやすくなるというメリットの他にも、ソフトの操作方法を教えてもらえるなどのメリットもあります。

外出先や在宅で利用できるクラウド型

リモートワークができるクラウド型は、外出先や在宅の環境でも会計ソフトを利用することができます。外出が多くなかなか会社に居ないといった場合や、在宅ワーカーの起用を検討するのであればクラウド型を視野に入れてみましょう。

経営分析ツールの充実度で決める

仕訳から決算書の作成までの機能に大きな違いはありませんので、経営分析ツールがどれだけ充実しているかで決めるのも手です。財務データをグラフ化する機能や、金融機関への融資申請で使える資金繰り表を作成できるものなども中にはあります。

将来性を考える

中小企業の場合、会社の将来性を考えて会計ソフトを検討するのもいいでしょう。規模が大きくなった際に業務統合システムとしての発展性や拡張性があるものを選ぶと、後々会社が大きくなってきた場合でも安心です。

広告募集中