会計.net

会計ソフトは会計だけではなく集計や財務分析も行えます

会計ソフトの基本機能

社内

集計や分析も行える会計ソフト

会計ソフトは、ミスの多い転記作業を自動化することで、大きく業務効率の向上に貢献しています。会計ソフトには基本的に、大きく分けて入力機能、集計管理機能、財務分析機能、セキュリティ機能の4つの機能が含まれています。

仕分などの入力機能

会計ソフトでは入力するデータに合わせて、「仕分入力」や「伝票入力」「定期自動仕訳」など複数の機能から最適な入力方法を選択して入力することができます。科目別補助や合計科目も登録することができて、従来の主流であった紙の帳簿での科目体系をそのまま継続して利用することができます。

集計管理機能

入力されたデータから、会計ソフトで「日次管理」や「月次管理」を行うことができます。日次管理や月次管理で入力されているデータに問題がなければ、年次決算機能で集計して「決算報告書」を出力することもできます。

財務分析機能

会計ソフトはその性質上、財務に関するあらゆるデータが集積されます。そのため、製品によっても様々ですが「経営分析帳票」を出力する機能を備えていたり、元帳をセグメント別に出力する機能がついていたりするものなども会計ソフトの中にはあります。

セキュリティ機能

セキュリティ性が高い会計ソフトでは、あらかじめユーザー登録を行うことで、アクセス権を設定して特定の人物のみ編集できるようにすることができます。他にも、ログの監視などの監視機能が利用できるものもあります。

広告募集中